ドツボタパーン

世界の中心福井から、音楽とか、色々、面白い事をつまらなく書いています。

自分の好きな事をただ追及する前に

 

f:id:tsuboss:20160523133900j:plain

 

いつも読ませていただいてるブログの紹介でもします?興味、あるよね?興味。

 

 

 

 

分かりやすいうえに簡潔で、どうやって書いてるんだろうなあといつも不思議に思いながら読んでます。内容はマネジメントの事を中心に据えつつ、しかしながら様々な角度からのアプローチをされており、すげえなあの一言です。

 

 

私は普段から選り好みの激しい性格でして、気に入った人がいるとその人の文章ばかり読みがちな所があります。ここ数年でフォローしてたのは主にこの方々↓

 

やまもといちろう 公式ブログ Powered by LINE

ベンチャー役員三界に家なし

Books&Apps

 

時間が余りすぎて死にそうな人はとりあえず死ぬ前に読んでみてください。

どの方も興味深くて味わい深い文章を書かれる方です。

 

 

 

「今更なんだ」と思う方もいるかと思うんですが、冒頭の記事を見て初めてこの「ストックビジネス」という言葉を知りました。リピート型のネットワークビジネスもこれにあたりますね。

 

■給料を上げるための考え方

1つ最後に注意点がある。

そこには「やりたい仕事」という価値観はみじんもない。「やりたい」という価値観は、「これを売りたい」という経営者と同じでマーケティングの発想が抜け落ちている。

「やりたい」ではなく「やると儲かる」を志向しなければ、給与は安いままだ。

 

私の中高生の時の同級生で金融機関に就職した人間がいる。新卒時代に、なぜ金融機関に?と彼に聞いたら、彼は一言

「給料が良いから」

と答えた。彼はマーケティングを理解していた。

 

だが「好きなことをしたいんです」という人を止めるつもりはない。何を取るか、それはその人の考え方次第である。

 

 

なるほどなあ。

 

確かに「自分の能力が低いせいで」と自己評価を下げれるだけ下げて、ステート管理もままならないで自分のやりたい事やるのはいつでもいつまででもできるけど、それはちゃんと業界を調べたり、「今の自分の能力に向いてる場所はどこか」をしっかり考えてからやるべき事だなあと思った。

 

それでも「自分のやりたい事」が一番に来るなら、それに向かってポジティブに前進できるし。

 

「やりたい事やってるけど成果が実らない人」って、自分から悲壮感出してる人いるもんね。そもそも成果が出てなくても自信持ってやってる人って悲壮感なんて感じないでしょうし。

 

今日も生き抜きましょう。

 

 

広告を非表示にする