読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドツボタパーン

世界の中心福井から、音楽とか、色々、面白い事をつまらなく書いています。

kindle購入(してた)

 

Kindle Fire HD 7 16GB タブレット

そういえば去年の秋頃に、ずっと気になっていたkindleを入手いたしました。

 

 

出た直後から欲しいなと思いつつ、新しいデバイスを導入するにあたって、生活の中にどう入れ込んでいくかというのがどうもはっきりせず欲しいものリストに入れたままでした。

 

新しいデバイスを入手すると、生活パターンが変わる(べき)

 

 例えばkindleを購入すると、ネットや噂で気になった本を思い出してその場で購入して読み始められたり、通勤電車の中で「この本持って来たけど今日はあっちの本の気分だったな」みたいな事を解消できたり(いやこれ、読書家には結構重要だと思うんですよね)します。

 

何か新しいものを取り入れるのって、何かを解決できて、生活に新しいパターンが生まれるかどうかというのが最も重要だと思うんですよね。

 

そういう意味ではPC・iPhoneを所有している状況でiPadを購入してもどちらかの代替にしかならず、僕にとっては大きな変化を見込めず、「今iPadが猛烈に欲しい理由は単に自分がアップルユーザーという点だけだ」と自分に言い聞かせ、我慢して来ました。もちろんあれば使う事が無い訳では無いと思うのですが、「それはPCでやってもいい」「これはiPhoneで事足りる」というイメージしかできません。

自分の住んでる福井県での電波状況(モバイルルータ/セルラー共に)があまり満足できる状態ではない+移動はほぼ自動車、というのもそれに拍車をかけている所もありますが。

 

型落ち万歳

 

僕は読書家という程の量を読んでいる訳ではないので、最初はブックリーダかあ…という尻込みもありましたが、導入する事で便利になりそうだったので購入を決意しました。

 

実際の購入は、amazonヤフオクから近場の家電屋さんを調べて値段調査した結果、型落ちのkindle fire HD 7(16GB) 2013モデルケーズデンキ福井北店で購入いたしました。

約10000円!!定価が17800円なので、かなり安い!!マイナーな製品の型落ちモノはやはり地方の路面店が安い。なぜなら買う人がいないから。

加えてこの世代のkindleは一つ前のものよりかなり良くなっており、「外出中に動画をサクサク見たい!」とか「ゲームアプリを色々楽しみたい!」という思いが全くない僕にとっては十分なスペックでした。

 

 

 

というわけで、半年程使ってみて実際どうだったかというのを次回に。

広告を非表示にする