ドツボタパーン

世界の中心福井から、音楽とか、色々、面白い事をつまらなく書いています。

久々の読書 少女/湊かなえ インビジブルレイン/誉田哲也

少女 (双葉文庫) インビジブルレイン (光文社文庫)

どっちも「まあそのうち読むな」と購入し、そのまま積読してた2冊ですね。やっと読みました。


少女/湊かなえ

湊かなえさんの作品を読むのは「告白」に次いで2作品目。記述スタイルとしては人物毎の視点でザッピングしていく様な前作と類似点が多かった。勢いでザザザっと読む事が多いので、コマ切れ&伏線の配置量が過ぎると自分のスタイルには合わないが、そういう意味で今作は少ししんどかった。内容としては、登場人物が結構絡み合っていて、3分の2程読んだ時点では - 西加奈子さんの「通天閣」の様な雰囲気で締めるのかな、前作で感じた「何処まで読んでも曇天感」とは違うな - と、意外に感じていたけど、最後はやっぱり前作同様、心がザラッとしました。イミテーションラブとまではいかないけど、そういうの好きな人も読める感じなんじゃないかと。

面白かったけど、今作で僕が苦手に感じた点が他の作品でも共通しているなら、ちょっと手を出し辛くなるかなあと。



インビジブルレイン/誉田哲也

相変わらず分かりやすくて面白い。変に捻った事してない。感覚的にははみ出し刑事でも観てる様な、しっかりとした人情劇。

安定した面白さで、次もまあ読んでみるかな、と毎回思わされるシリーズ。あ、シンメトリーは短編集やし、個人的には全然好きじゃなかったので例外ですが。現段階であと2冊ほどシリーズ関連作品読んでないので、そのうち読みます。



どっちも3時間程で読めたので、このくらいの量がちょうどいいなあ。





広告を非表示にする