ドツボタパーン

世界の中心福井から、音楽とか、色々、面白い事をつまらなく書いています。

自分の熱い想いに引いている。

ごく個人的な気持ちを書く。まあいつでもそんな感じですが。

 

 

なんかもう、素晴らしい。幸福が溢れ出てる。

 

音楽は偉大だ。音楽は素晴らしい。

 

陰謀論とか書きたい訳じゃないけど、流行はいつだって私達の感覚を麻痺させようとしてる。知っているだろうか、スカートの丈の長さの流行を5cm短くする為に偉い人達がファッションショーでマイクロミニを発表している事を。武器を売る為に戦争の引き金を引く人がいる事を。流行は便利なお金の流れに過ぎない。

 

今、音楽が流行らないんじゃない。みんなが気付き始めてるんだ。必ずしも流行の中に最良のモノがある訳ではないという事を。流行は誰かが敷いたレールだという事を。

 

自分が良いと思ったモノはその良さを言葉にするべきだ。沈黙は金、言葉は銀だ。自分の意見を大衆に晒すのを恐れてはいけない。ただ、その声もあなたが小さなレールを敷く事に他ならない。私が言いたいのは、私達が選択するレールは無数にあって、選ぶべき選択肢なんて一つもないという事。勿論、流行という太いレールに乗る事も選択する事だ。しかし、流行に乗るべきだという観念は私達の感受性を枯れさせる。この暑い、もとい熱い想いにまかせて柄にも無く、敬愛する茨木のり子さんの詩を引用する。「自分の感受性くらい」という詩。

 

 

 

ぱさぱさに乾いてゆく心を

ひとのせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて

 

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

 

苛立つのを

近親のせいにはするな

なにもかも下手だったのはわたくし

 

初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

 

駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄

 

自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ

 

 

私は、単なるライブイベントの告知動画に含まれる熱に感情を多分に揺さぶられている。そしてこのブログを使って、私と趣向を同じとする人間が一人でも多く現れないかと、せっせとレールを敷いている。

 

音楽は偉大だ。私は私の好きな音楽に出会えて幸せだ。それだけが言いたい。

 

【追記】

書き上げてから読み返してみたけど何この文章引くわー。

 

 

広告を非表示にする