読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドツボタパーン

世界の中心福井から、音楽とか、色々、面白い事をつまらなく書いています。

「schoo(スクー)」の授業に初参加してみた

旧よもやま話

schooってのはあれです、webで面白い授業受けれちゃうぜ的なサービスです。

概要はこちら→スクーって何? スクーの使い方

生配信を受講しているだけなら無料という事です。

 

意識他界スキルを爆発させ、サービス開始当初に登録はしていたのですが受講はしていませんでした。自分で言うのもなんですが案の定、といった感じ。いつもは流しているお知らせメールで「なんかおもろそうな授業やな」と思った授業があったので、ロンハーを見たい衝動に打ち勝ち受講いたしました。ロンハーは後で○○で見ます。

 

 

授業中のスクショがこんな感じ↓

f:id:tsuboss:20130122230742j:plain

学校に対する意見をグルーピングしてタイトル付けしています。

 

 

何でしょう、至れり尽くせりといった感じでした。チャット欄を拾いつつ講義してくれるし、別枠でメモ欄あるし、レポートも出せるし、スライドを別枠で見返せるし。楽しかったです。操作の仕方が分からないというチャット上の発言にも、スタッフさん(?)が即レスしてくれるし。録画でも見れるみたいですが、これは生で見ないと面白さが半減するな。

 

今回参加した授業は『任天堂「Wii」に3億人がハマった理由』というタイトルの授業で、講師が以前任天堂でプランナーをされていた玉樹 真一郎さんという方だったのですが、コンセプトワーキングについて授業をされてました。

 

もしかしたら先生やテーマが個人的にツボだっただけなのかもしれませんので、もう何回か他の授業も受けて見ようと思ってます。玉樹 真一郎さんはかなり話し方や授業の進め方が上手かったので。さすがに講師全員あのクオリティを出すのはかなり無理があると思いますし。

 

 

【追記2013/01/25】

もう一個、録画配信の方で受講してみました。やはり生と違って双方向のコミュニケーションが少ない分、楽しさは半減といった感じでしょうか。興味のある方は是非生配信からやってみて欲しいです。そして予想通り講師さんの授業の分かりやすさには結構なばらつきがありそうです笑。もちろんschooの授業のジャンルが多岐にわたっているので、その内容によっても変わってくるとは思いますが。それを差し引いても面白いサービスだとは思います。オヌヌメ。

広告を非表示にする