読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドツボタパーン

世界の中心福井から、音楽とか、色々、面白い事をつまらなく書いています。

iTMSでソニーグループの曲が購入出来るようになった

旧よもやま話 音楽

ソニー様が日本のiTMSに曲を卸し始めたようで。

ソニー、アップルに楽曲提供 顧客囲い込む戦略転換

これでやっとソニー(様)で出してるアーティストの曲がiTunes上で購入出来るようになったんですねー。これって日本だけだったんですかね?当然「おせーよ」との声が多かったみたいで。

 

なんでこんなに遅くなったんですかね。もちろん私達の様な一般人でも考えつく理由はいくつかあります。もちろん推測の域を超えませんが。

  • iTMSがソニー独自の配信サービスmoraの競合サービスだから
  • iPod,iPhoneがソニーの音楽プレイヤーと競合するから
  • iTMSを通す事でappleにも利益が入るから
  • アーティストの著作権を守りたいから(コピー関係)

 

 企業全体の利益を考えてこの時期になったんでしょうね。個人で自営業やってる訳じゃないんで、そりゃあ色々会議とかした結果なんでしょうけど、どうしてもユーザーの利便性とアーティストの想いが犠牲になった印象を受けますね。

 

そんなにiTMSが悪いのか? 「SONYブランドの曲をiTunesで売ってくれ」

このエントリを読んで納得したんですが、「以前の曲が聞きたくなったら…」という点についての意見は確かにそうだと思いました。私の知り合いにも、音楽業界への想いが強く「音楽は中古で買ったり借りたりせず、ちゃんと新規で購入する」という主義を持った人もいますが少数です。むしろそういう人こそ大事にすべきだと思うし、逆にこういう人こそ今回の件に関してソニーに批判的になってしまうのではないでしょうか。

 

何かもっといい方法無かったんですかね。新曲に関してはiTMSのみ配信を遅らせるとか、moraで購入した曲もapple製品に入れられるようにするとか。ちょっとタイミングが遅れても、なにか策を打つべきだったんじゃあないかと。実際の所何かしていたのかも知れませんが、それだったらもっとお金使ってPRすべきだったでしょう。

 

とにかく、私はPUSHIMの曲が買えるようになったので嬉しいです。実も蓋もない事を言ってしまいましたが。

広告を非表示にする