ドツボタパーン

世界の中心福井から、音楽とか、色々、面白い事をつまらなく書いています。

ニュースチェックにpaper.liが便利な話

twitterとpaper.liの私の使い方のお話。

 

フロー型サービスのtwitterが流行った事によって、ストック型のブログとかも地位が上がってきた感じがありますね。まあそんな難しい&今更な話は頭良い方々にお任せするとして…。

 

今やtwitterの使い方も様々で、私に限らず呟くだけでなくTLから面白い記事を見つけてRTしたりする事も多いと思います。少し前にキュレーションという言葉が流行ったように、ネット上に数多あるトピックを選定して伝える方も沢山。

 

そこで面倒だったのが、「この人がツイートした記事面白かったから元のサイトRSS登録したら、ポスト数が多くてチェックが大変。面白い記事を見落とすし結局見なくなる。」とか、「この人の個人的な呟きはどうでもいいなあ…」とか「ニュースサイトのアカウントがツイート数多くて邪魔」みたいな事です。

 

リスト化して管理しても、結局あまり使わないんですよね私は。リスト機能ってみんなうまく使ってます?TLガンガン遡るのもSNS中毒みたいで嫌ですし。

 

そんな記事のチェックに私はpaper.liというサービスを使ってます。これはどっちかって言うとキュレーション用のサービスの側面が強く、「自分でtwitterの他人のアカウントも使ってニュースソース設定して、新聞発行しちゃおうぜ俺キュレーターカッコいい」的な感じなのですが(すいません主観が入りました)、私はpaper.li用にtwitterで「関心」というリストを作り、そのリストを内容に登録して利用しています。

 

「日刊」「朝刊夕刊」「週刊」の中の設定した好きなペースで発行され、メールで通知されます。

f:id:tsuboss:20121103145604j:plain

 

で、実際のページはこんな感じです。

f:id:tsuboss:20121103145837p:plain

 

自分が選んだキュレーターさんだけあって、毎日割と興味のある記事を読んでます。こうやって私の意識高い高いは維持されるのです。すいません主観が入りました。あ、キュレーターさんといっても「自分にとって良質な情報を提供してくれるアカウント」という意味です。基本的にこの時期にプロフィールのメインにキュレーターやってますとか書く人は痛いし面白くない人が多いので嘘です偏見ですごめんなさい。

 

注意点

新聞発行サービスというだけあって、チェックを外さないと自動で発行ツイートをしてしまう設定があるので恥ずかしがり屋の方は注意して下さい。設定で下の画像の所のチェックを外しましょう。

f:id:tsuboss:20121103152159p:plain

 

追記

同じ様な事書いてらっしゃって私の記事より数倍分かりやすい記事見つけたので、意味分からない人はそっち読んで下さいウフフ。分かりやすい記事はコチラ↓

一日たったの20秒!「Paper.li」を使って情報を効率よく得る方法

 

広告を非表示にする