読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドツボタパーン

世界の中心福井から、音楽とか、色々、面白い事をつまらなく書いています。

コピー商品についてのおはなし

旧よもやま話

ちょっと前に掲示板やニュースサイトで話題になった製品「マンガ皿」。

ツタイ ミカさんが大学の卒業制作でデザインされた物で、今ではコミカルというプロダクトブランドで正式に商品としてリリースされてます。

http://www.comicalu.com/mangazara/jyaan.html

 

その商品のコピー商品と思しき商品が東急ハンズで販売されていたようです。念のため魚拓で貼付けしときます。

http://megalodon.jp/2012-1019-0032-27/https://twitter.com:443/Hands_Shinjuku/status/258432161387003905

 

現在は店舗からも商品を引き上げたようで、事の発端となった東急ハンズ新宿店のtwitterアカウントでは謝罪文がツイートされ、商品名も正しくは「メッセージプレート」だった事がわかりました。

 

この事は先程、大学の後輩のtwitter上のつぶやきで知ったのですが、実はその大学は私も在籍していた大学でして。あ、ちゃんと卒業しましたよw。

私もなにかツイートしようかと思いましたが、ブログの方に書く事にしました。「フロー型」であり文字数制限のあるtwitterの性質上、私の文章力では真意を伝える事が難しく、複数のツイートを遡って読んでもらえる有名人でもありませんので。

twitter上で調べただけでは何が本当の事か分からず私は当事者でもありません。私の一意見で誰かが不利益を被るのは私の本意ではありませんし。

 

製品化って大変らしいよ 

「新しい商品を開発する」という事は、本当にお金がかかる事です。デザイン→生産→販売という行為の中には様々な企業が関係し、時間とお金をかけて良質な商品を生み出すには、各々が本当に良い商品だと信じて奔走しなければいけません。

ある程度流行ったら真似のしやすい物はより低コストで少し低質のコピー品が沢山出回るというのは、悲しいですが割と良くある事です。もちろん「よくある事で騒ぐな」と言いたい訳ではありません。「オリジナル商品が魅力的である」からこそコピー品が出やすいとも言えなくはないですが、デザインの意味や素材など色々な角度から考え出され開発された商品を、売り上げ目的で杜撰な盗用をされるのは生産者からしたら涙の出る程悔しくて腹の立つ事です。

 

 よくある事と言われてもねえ

なぜコピー品が出回るかというと簡単で、利益が出るからです。商品を開発する期間を短縮出来るというのは、ものすごいメリットなのです。じゃあ生産側は泣き寝入りかよという話ですが、私の見解を端折って言えば「買う方も悪くね?」という感じです。もう一度上記のリンク先で商品を見比べて下さい。コピー品の方、かっこいいですか?そして想像して下さい。例えオリジナルの方を見た事が無いとしても、コピー品の方、興味引かれますか?よく考えて下さい。「そんなのオリジナル見た事無かったら分からんだろ」と言える程、コピー品は良い商品に見えますか?

 

グッドデザインカンパニーの水野学さん(@g_d_c )もこの事を発端に連続ツイートされてましたので掲載してみます。興味がある方は、フォローして色々読んでみて下さい。

 

というわけでそろそろおわります

「デザインという行為の国内での成熟度が…」なんて詳しい話は専門の方がちゃんと分かりやすくブログで書いてたりすると思うので、探してみて下さい。見つからなければ、対価を払って本を買ったりしてみて下さい。

 コピー品を作る事は悪い事です。その考えは根底にあるべき最低限の考えです。そのうえで、購入する人が減ればコピー品を製造する事自体の意味が薄れるのではないかという 夢 物 語 を 今 回 は ご 紹 介 し ま し た。

 

い や 、そ ん な 夢 を 見 ま し た。

 

 

失礼いたしました。

広告を非表示にする